7/9(月)のロイヤル・ペインズ

2012. . 09
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク #11-13
タッカーの誕生日に向かう。
そこで偶然にも父親の依存症が判明。
弟には奇妙な出来事が頻発する。
そしてボリスがどう絡んでくるのか期待。
2話目。ボリスに呼び出されNYへ。
ガードナー家の免許剥奪計画を聞く。
全員にとって大きな戦いとなる。
信頼度も上がって忙しくなりそうだ。
3話目。古い荘園の不可解な事件。
屋敷を継いだ女性は幻覚に悩んでいた。
エヴァンも大きな出来事と戦う事になる。
今までがあったからこういう展開は驚いた。
スポンサーサイト

7/4(水)のロイヤル・ペインズ

2012. . 04
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク #9、10
病院を嫌う心臓疾患の画家。
彼はハンクを雇うと言い退院。
環境によって起こるのは面白い。
単純な技術より観察眼が活きる。
2話目。ボランティアで馬術大会。
そこで体調不良の少女の選手と会う。
今回はディヴィヤが主役といえる話。
やはりプライベートは辛いものがあるな。

6/24(日)のロイヤル・ペインズ

2012. . 24
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク #7、8
邸宅で体調不良のメイド。
その症状は周りに広がっていく。
疑問の病気と意外な感染源。
所々のジョークが本当に面白い。
2話目。ジルの旧友のサメの専門家。
ボリスからその治療を依頼される。
格言にもある愛と狂気の物語。
基本的に進まない時間の変化を感じた。

6/18(月)のロイヤル・ペインズ

2012. . 18
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク #5、6
レストラン店員の結核診断。
オーナーは重病を抱えていた。
問題の患者は別の意味で難しい。
やはり医者は判断力が重要だな。
2話目。旅行に同行するハンク。
同行するのは出産前の妊婦がいる為。
島に向かって連絡不能という話。
一族というテーマもあってなかなか深い。

6/10(日)のロイヤル・ペインズ

2012. . 10
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク #3、4
医療チームを売り込む計画。
バレリーナの引退パーティに出席。
弟エヴァンの味も出てきた話。
楽しい事だらけでテンポが良くなった。
2話目。上院議員の息子の健康診断。
問題なく思えたが、直後に倒れてしまう。
何気ない出来事が重要な意味を持つ。
エヴァンはやればできるが本当に懲りない。
 HOME