ドラフト会議2017

2017. . 26
いつもの。
野手豊作の今年は完全素材型の指名が多い年だった。
投手は高卒、準高卒、大卒と様々で、
1位指名の齋藤が(中継ぎなら)即戦力と言える唯一の指名。
辻監督が期待する先発としては今後の成長に期待したい。
残りの投手は3~4年後の定着を期待できるポテンシャルのある若い2人。
野手は本指名と育成で打撃型3人と捕手の使命となっている。
育成指名の外野手は若い有望株の多い西武でスタメンを掴めるのか不安だが期待。
最後の捕手は2軍漬けできる若手が欲しい西武には完璧な選手。将来どうなるか楽しみ。
即戦力の不在は想定通りだった今回のドラフトは80点。
来年以降の主力候補が若いのもあって時間のかかる素材型の指名はチームに合っている。
ゆっくりと確実に将来の戦力になってほしい。
ちなみに個人的に個人的注目選手の遠藤 淳志は広島5位、
北浦 竜次は日本ハム5位、森 遼大朗はロッテ育成2位で指名された。

1位:齋藤 大将(投手)
即戦力度:★★★☆☆
将来性度:★★☆☆☆
ドラ一としては物足りない大卒左腕。
中継ぎなら即戦力だけど先発だと苦しい。
中継ぎとして使ってほしいがチーム事情から先発起用もあるか。
どちらにしろ即戦力という点では十分に期待できる。

2位:西川 愛也(外野手)
即戦力度:★☆☆☆☆
将来性度:★★★★★
打撃面では一軍レギュラーが約束された左打ち高卒外野手。
怪我の影響で送球面に不安があるのが難点。
とにかく打って走って欠かせない存在になってほしい。

3位:伊藤 翔(投手)
即戦力度:★☆☆☆☆
将来性度:★★★★★
高卒から独立1年でプロ入りの右腕。
指名漏れの翌年に上位指名というのが面白い。
この独立リーグの経験が意味のあるものになったのだろう。
一年遅れながらプロ注目の素材に化けた将来性に期待したい。

4位:平良 海馬(投手)
即戦力度:☆☆☆☆☆
将来性度:★★★★☆
MAX154km/hの剛球高卒右腕。
素材は抜群で技術面でもなかなか。
投手だけでなく打者としても可能性が見える。
どういった完成系になるのか、育成後が楽しみだ。

5位:與座 海人(投手)
即戦力度:★★☆☆☆
将来性度:★★★☆☆
制球力が武器の大卒サブマリン。
速球派の牧田と違い力押しには向かない。
能力的に一軍レベルとは言い難いから成長に期待。

6位:綱島 龍生(内野手)
即戦力度:☆☆☆☆☆
将来性度:★★★★☆
俊足強肩の高卒左打ち遊撃手。
打者として魅力的で、広角に打ち分ける中距離打者。
順調に伸びれば中軸の期待もできる選手で将来が楽しみ。

育成1位:高木 渉(外野手)
即戦力度:☆☆☆☆☆
将来性度:★★★★☆
投手兼外野手の高卒、右投左打の野手。
野手としては綺麗な打撃が特徴の打撃型野手。
層の厚い西武外野というポジションで争いが激しい。
そこを抜け出すだけの武器をプロで見つけられるのだろうか。

育成2位:齊藤 誠人(捕手)
即戦力度:☆☆☆☆☆
将来性度:★★★☆☆
強肩が魅力の大卒捕手。
どれだけ順調でも間違いなく時間がかかるだろう。
プロで隠れた才能が開花してほしいがどうなるか。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://zombiedead.blog52.fc2.com/tb.php/2221-0683792e